Cultura alimentar portuguesa

ポルトガルの食文化

タイムアウトリスボア以外で食べたものもたち↓

ザ地元のレストランで食べたのはこれ

Codfish cake with tomato rice

日本語訳は鱈のケーキとトマトごはん

干し鱈が有名なのは事前情報であったのでこれに決めました

しかもごはんついてるし♡

料理が運ばれてきた時のボリューム感にびっくり

干し鱈をほぐして小麦粉をつけて揚げたフリット大サイズ という感じ

味はかなりあっさりしててお醤油とかかけたいな〜という味

食べきらなかったけど優しい味でした

そしてポルトガルで1番衝撃だったのがこちら

タコのグリル

値段からして足一本くらいだろうなと想像してたところこのボリューム

こんなのたべたことない!!

柔らかくてすぐ飲み込める食感

味はシンプルにニンニクと塩胡椒

求めてたもの食べられました

スッキリ白ワインが進んでしまう…!

今まででタコをこんな大量に食べたかもなかったので大満足でした

最後はこれ

ミートパイ

これは帰る日の空港で朝ごはんに食べました

豚筋みたいなのと軟骨をほぐしたものが入っていて斬新

おつまみには最高ー! 朝ビーしちゃいました

贅沢!!

お土産はこちら ポルトガル産のリキュールたち

アーモンド 栗 チェリー と大好きなフレーバーばかり

お菓子作りに使いたくて買ってしまいました

無事に持ち帰れますように!

✳︎

もっともっと食べたいもの飲みたいもの たくさんあったけど一人旅だとオーダーできる量も限られてしまうのが残念

でもトータル的に落ち着く味のものが多くて物価も安くて充実した食生活でした


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です