Sintra

リスボンから40分ほどの都市 シントラ

宮殿が沢山ある歴史的な場所です

まずはレガレイラ宮殿

12世紀に造られたものでその後はいろんな人に改修工事をされたのでさまざまな建築様式が混ざっています

一番の見どころはこの井戸

深さ27メートルで上からも下からも出口があります

下まで行くと池があり飛び石を渡り出口へ

自然のなかにある不思議な作りの宮殿でした

もう一つがペーナ宮殿

山の上に建っているためシントラ市内を見渡せるはずですが霧がすごくてほとんど見えず

山の上の気候は全く違ってとてもひんやりしていました

王室の避暑の宮殿として使われる目的だったのも納得

鮮やかな色の宮殿と景色を晴れた日に見てみたかったです

そしてシントラ発祥のお菓子もありました

こちらが老舗で1862年から続いているそうです

一番のおすすめというのがこのトラヴィセロ

ポルトガル語で枕という意味だそう

中にはアーモンドクリームがたっぷり入ってて外はさっくさくのとても甘いお菓子でした




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です